*あなたがあなたらしくあるために、《ボイスアート》で「自分軸」を育てよう*
*あなたの心とからだの健康を全力で応援します*
*人間関係、トラウマ、セクシャルマイノリティ、性格、キャリア...など*
奈良県大和郡山市(JR郡山駅すぐ)
  1. アンガーマネージメント(anger management)
 

アンガーマネージメント(anger management)

最近、「アンガーマネージメント」という言葉をよく聞くようになりました。

この記事をお読みの方の中にも、この言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。


ひとは生きていてこそ、様々な感情を持つものですが、

その中でも「怒り」の感情は、パワフルでエネルギーがあります。

 

感情にいい、悪いはなくて、

「怒り」という感情も、ひとが生きている中で、

様々な体験をする中で、そして人間関係の中で、

当然、味わったり、持ったりするものです。

 

ただ自分の「怒り」の感情を、上手く取り扱えずに、

自分の心に溜め込んだり、あるいは「怒り」に任せて他人にそのエネルギーを発散すると、

自分自身の心身を害したり、あるいは他者の心身を害する、ということがあります。

 

それが例えば、親子関係では「虐待」という形で現れたり、

友人同士では「いじめ」という形だったり、職場での「パワハラ」という形だったり。

もっと大きな規模であれば民族間紛争、国家間の戦争であったり。

個人レベルでいえば、自分の心身に表れると、うつ病などの精神疾患、極まった形では自殺など。

 

なので、「怒り」という感情(エネルギー)とのつきあい方、

上手に回していくためのコツ、みたいなものがあるのです。

 

--------------------------------------------------------

 

女性ライフサイクル研究所Felian(フェリアン・窪田容子所長)主催の

「虐待防止のグループ援助を学ぶ〜PAM(Peaceful/Parental Anger Management)実践者養成講座」

受講してきました。

 

最近はいろんな研究や、いろんな方法が考えられていて、

PAM(Peaceful/Parental Anger Management)もその1つの方法だと言えます。

 

 

 

このテキストをもとに、特に親子関係において、

親が自分の怒りの感情をどう扱うのか

そのことに関心のある(特に親の立場の)ひとたちが、

グループで学び合うことを、援助する実践者としての研修でした。

 

援助実践者としての研修でしたが、

わたし自身の子育ても振り返りつつ、

あらためて、自分の怒りをどう扱うのか、

PAM(Peaceful/Parental Anger Management)は一つの方法として、

有益な研修だったように思います。

 

 

↓「怒りのプロセス」の図を見てください。

 

(「子どもにキレてしまいそうなとき」より P.42)


PAM(Peaceful/Parental Anger Management)の考え方の基本は、

怒りを持つ人の「過去」について、あれこれその人そのものを分析するのではなくて、

「今ここでできること(行動)」を変えていくことに、注目している点です。

 

自分が、自らの怒り感情に翻弄されるのではなく、

自分の「怒りの表現行動」を変えたり、選択することができる

と考えられています。

 

わたしが面白いと思った視点は、

 

・怒りには「強さの度合い」がある、ということ、自分でそのことに気づくこと

・怒ることによる「目先の利益(メリット)」「長期的影響」

・怒りの行動を変えることで得られる「利益(メリット)」および「長期的影響」

・怒りをエスカレートさせないために、他にどんな行動がとることができるか

怒りを強める「思考・考え方」に気づくこと

・これらのことを、グループでアイディアを出し合っていくこと

 

上記にあげたことを、自分ひとりで「検討」すると、

いいアイディアが浮かんでこなかったり、気づかないこともあります。

 

グループで学び合うことのよさは、他人のアイディアや知恵を借りることができたり、

勇気づけられたり「よし自分もやってみよう」とモチベーションが上がる、という点です。

 

 

PAMがPeaceful Anger Management の略語にあるように、

1人ひとりの心の中の起こる「怒り」という感情を、

適切に取り扱うことによって、

一人の個人が、あるいは親子が、夫婦が、友人同士が、

地域、職場、あるいは民族間、国家間での、

平和で、健康で、幸せな関係性の構築に役立つのではないか、

と、わたしは考えています。

 

今回、友人とともに参加させてもらいましたが、

いつか地域で、今回の学びが必要とされる方に役立つよう、

なんらかの形にできるといいね、と話し合いながら、帰途につきました。

 

 

 



 

 

 

 

 



カウンセリングルーム樹喜

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩まないでください。

本来のあなた自身へ還るための一歩が、ここにあります。


電話番号:090-9629-0535

所在地 :奈良県大和郡山市高田町96-7

営業時間:10:00〜19:00

定休日:不定休

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム