*あなたがあなたらしくあるために、《ボイスアート》で「自分軸」を育てよう*
*あなたの心とからだの健康を全力で応援します*
*人間関係、トラウマ、セクシャルマイノリティ、性格、キャリア...など*
奈良県大和郡山市(JR郡山駅すぐ)
  1. わたし「なんか」...の口癖
 

わたし「なんか」...の口癖




「謙譲の美徳」というのは、日本人の文化に馴染む在り方ですね。

 

ときには、そのような在り方は控えめで、自分を抑えて他者と争わない...

それが物事によい形で表れることもあるかもしれません。

 

そのような在り方にあるひとが、

心から「与える」という立場に立っているときは...です。

 

多くの日本人は、他者からの自分への褒め言葉に対して、

素直に「ありがとう」と受け取ることの、苦手なひとが多いのではないか、

というのがわたしの印象です。かってのわたしもそうでした(苦笑)

 

今のわたしは、こう考えます。

他者がわたしを褒めてくれたら、

素直に「ありがとう」って受け取っていいのではないのかな、って。

 

人に褒められると、「いえいえ、わたし『なんか』...」って、

「謙譲の美徳」に走るひとがいるんです。

 

そして、そういう傾向にあるひとは、

わたし『なんか』っておっしゃる傾向があるみたいです。

 

どうして、「わたし」にさらに『なんか』がつくのかなぁ...?

「わたし『なんか』」って、とりあえずそう言うと、

他者から、自分が突っ込まれない...

自分が守られた感じがするのでしょうか それもあるかもしれません。

 

この『なんか』を「わたし」に付けることで、

「わたし」を不必要に『値引き』してるんですよねぇ...

 

「わたし」は、わたし「以上」でも、わたし「以下」でもないはず。

「わたしはわたし」なんです。

 

「あなた」は、あなた「以上」でも、あなた「以下」でもないはず。

「あなたはあなた」なんです。

 

『なんか』の次に続くのは、

『どうせ』という’自分責め’にも似た「スネ」モードなんですね。

「わたし『なんか』...どうせ...」なんです。

これを自分に対する「値引き」と言います。

 

ねぇ...!?

わざわざ、自分から「値引き」しなくたっていい、

そう思いませんか

 

もし

このわたしを高く買ってくれるひとがいたのなら、万々歳!

ありがたいことです

あなたを高く買ってくれるひとと大いに交わって、

自分の可能性を広げましょ!

 

もし

「わたし」に『なんか』を付け加えて言うことが、自分の癖だな、って気づいた人

どうぞ『なんか』を付け加えるのはやめて、シンプルにいきましょ!

「わたしは○○だ」という口癖に変えてみましょう。

 



あなたの口癖が、あなたの生き方に及ぼしている影響は大きいのです。

























カウンセリングルーム樹喜

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩まないでください。

本来のあなた自身へ還るための一歩が、ここにあります。


電話番号:090-9629-0535

所在地 :奈良県大和郡山市高田町96-7

営業時間:10:00〜19:00

定休日:不定休

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム